2021年ペン字通信教育で費用が安いのはどこ?大手3社で徹底比較!

テイト

イルミン先生!ぺん字通信教育講座ってどこも高いですよね?せっかく高いお金を払うんだったら費用が安い通信教育講座がいいです。

イルミン先生

なるほど!じゃあ今回は費用が安いぺん字通信講座と選び方のコツを紹介するミン!

下記の悩みを抱えているあなたにおすすめの記事です!

  1. できるだけぺん字通信教育講座の費用を安くしたい人
  2. 費用が安いぺん字通信講座を知りたい人
  3. 安いペン字講座で費用対効果があるものを知りたい人

におすすめ出来る記事です!


テイト

出来るならとにかく費用が安いペン字通信講座を選びたい!

とあなたも感じているはず!


とはいえぺん字通信教育講座でも沢山の種類が存在します。

なので今回は大手3社の「日ぺん」「ユーキャン」「たのまな

から安いぺん字通信講座を選ぶための3つの重要ポイントを含めながら、

おすすめベスト3を紹介します!


イルミン先生

では本題にはイルミン!


費用の安さだけを重視するなら下記の表を参考にしてみてください

1位たのまな 2位日ぺん3位ユーキャン
価格 28,500円(税込) 29,800円(税込) 31,680円(税込)
公式サイト公式サイトへ! 公式サイトへ! ユーキャンの実用ボールペン字講座
目次

安いペン字通信教育講座を選ぶ際の3つの重要ポイント

イルミン先生

安いペン字通信教育講座を選ぶときには3つのポイントがあるから覚えておこう!

安いペン字通信教育講座を選ぶときの3つのポイント

  1. クレジットカード払いに対応しているか?
  2. 費用対効果があるのか?
  3. 添削以外にも相談サービスが充実しているか?

それぞれ解説していきますね!

1クレジットカード払いが出来るかどうか?

イルミン先生

クレジットカード払いが出来るかどうか?確認しよう!

つ目のペン字通信講座を選ぶべきポイントは 、クレジットカード払いができるかどうかです 。


というのも基本的にペン字通信講座は料2万円~3万円と高額です。

3万円を一括で払うのは難しいですよね ?


クレジットカード払い で分割払ができれば、

月々の料金を安く抑えることができます。


さらにさらに!クレジットカードのポイントも獲得できるので 、

結果的に現金で支払うよりも格安でペン字通信講座を学ぶことができます。


2費用対効果があるか

イルミン先生

費用対効果があるペン字通信教育講座か?を選ぶ基準で考えるのが重要だよ!

つ目のボールペン字講座の選び方のポイントが費用対効果があるかどうかです


というのもいくらペン字通信講座の値段が安くても効果がなければ 無駄金になってしまいます 。


結局支払った金額に対してどれほど字が上達できて効果があるかが、

最終的に ペン字通信講座の費用対効果があり学ぶ価値があるのか?に繋がります。


例えばあなたも 100円で 買えるものでも一生使わないものだったら、ただのガラクタですよね?

あなたもガラクタに100円もお金は使いたくないはずです。


なのでペン字通信講座は価格だけではなくて 費用対効果も重視して選ぶことがポイントです!

3添削以外にも相談できる環境が整っているか?

イルミン先生

添削以外にもペン字の相談出来る環境が整っているか?も大事なポイントだよ!

最後に費用の安いペン字通信教育講座を選ぶポイントが、

添削以外にも相談できる環境が整っているかです。


ペン字通信教育講座には基本的に文字の添削をしてもらえる環境が整ってます。

なので添削があるか?ないか?で選ぶことは出来ません。


テイト

じゃあ添削以外で選ぶポイントは何かありますか?

イルミン先生

添削以外にも相談できるかどうか?がカギになるよ!

添削以外に相談できる環境を具体的に説明するとっペン字学習で悩んだことを相談できるかどうか?です。

ペン字通信教育講座の中には、ペン字学習で疑問に感じたことを相談できないものも中にはあります。


あなたも僕と一緒に学生時代を思い出してみてください。


勉強でわからないことがあったら先生や塾の講師に質問をした経験がありますよね?

答えだけわかっていても「なぜこの答えになるのか?」がわからないと問題は解けませんよね?


ペン字学習でも同じです。


わからないことは聞ける環境がないと字は上達しないので、

添削以外にも相談できる環境が重要になります。

2021年ペン字通信教育 大手3社で費用を徹底比較

イルミン先生

費用の安さ。クレジットカードが使えるか?相談できるサービスの質。の3つのポイントで比較したよ!

1位日ペン2位ユーキャン3位たのまな
価格29,800円(税込)31,680円(税込)28,500円(税込)
クレジットカードの有無対応対応対応
費用対効果★★★★★★★★★★★★★
相談サービス★★★★★★★★★★★
公式サイト 公式サイトへ! ユーキャンの実用ボールペン字講座
公式サイトへ!

です。それぞれ詳しく解説しますね!

1位がくぶんの日ぺんボールペン習字講座

イルミン先生

価格。クレジットカード払い。総合サービス全てで充実しているのが日ペンだよ!

堂々の第1位が【がくぶん】日ぺんのボールペン習字講座です。


3社の中で一括払い時の価格の安さ。クレジットカードの分割払いが可能。

そして相談サービスすべてが充実しているのが日ぺんのボールペン習字講座です。


テイト

僕がペン字通信教育講座の学習で選んだのが日ぺんのボールペン習字講座だよ!

日ぺんのボールペン習字講座では教材の中に相談用紙がありまして、

相談内容を書いて送れば直筆で回答してくれるのが特徴。


なので講師の方が実際に紙に書いて書き方を教えてくれるので、

字を見ればどうやって書けばいいのか?がわかります。


相談した文字以外にも講師の書いた文章野路を見て参考になる部分が多いので、

テキスト以外の字も見て学べちゃうのがおすすめポイントです!


ただ一つだ注意点があります。


クレジットカードで分割払いをすると手数料で総支払額が高めになるので注意が必要です。

もし少しでも料金が高くなるのが嫌な方は一括払いで注文するようにしましょう!

\ 月額1900でゆるふわ美文字になれるのは日ペンだけ! /

2位ユーキャンの実用ボールペン字講座

イルミン先生

実績と相談の質を兼ね備えているユーキャンが2位だよ!

2位が実績と相談サービスの質を兼ね備えたユーキャンの実用ボールペン字講座です。


3社の中では一番費用が高いのですが、相談サービスの柔軟性で2位になりました。

ユーキャンの実用ボールペン字講座ではメールで相談可能なので、

スマホからいつでも気になる事を気軽に相談できるのがおすすめポイントです。


ただメールだと文字の細かい説明が文字だけだと伝わりにくい麺があります。


なので相談サービスと価格いう点では日ぺんのボールペン習字講座似軍配が上がります。

ただ実績としては300万人以上の人がユーキャンの実用ボールペン字講座を受けている受講生の多さは、

3社の中ではダントツです。


更にユーキャンの実用ボールペン字講座ではクレジットカードの手数料がかからないのも嬉しいポイントですね!

ユーキャン費用
テイト

クレジットカード払いで分割払いで手数料コストが抑えたい!

というあなたはユーキャンの実用ボールペン字講座がおすすめです。

ユーキャンの実用ボールペン字講座

3位たのまなの新ボールペン字講座

イルミン先生

3位はたのまなの新ボールペン字項座だよ!

最後はたのまなの新ボールペン字講座です。


たのまなの新ボールペン字講座は価格帯は1番安いのが特徴。


ただし相談サービスの情報がないのが不安材料の1つです。

やはりペン字学習は添削と価格も重要なのですが、相談できる環境の有無も欠かせないポイントです。


例えると塾代で月2万円払っているのにわからない部分を相談できなかったら、

「何のために塾に通わせてるのかわからない!となりますよね?


ペン字通信教育講座でも同じです。

相談サービスの有無の記載がないたのまなは3位になりました。

2021年ペン字通信教育で費用が安い講座まとめ

イルミン先生

最後にまとめるミン!

この記事では2021年ペン字通信教育で費用が安いのはどこなのか?というテーマで記事を書いてきました。

安いペン字通信教育講座を選ぶときの3つのポイント

  1. クレジットカード払いに対応しているか?
  2. 費用対効果があるのか?
  3. 添削以外にも相談サービスが充実しているか?

上記の基準でおすすめのペン字通信教育講座をチョイスしました。


総合的に評価すると【がくぶん】日ぺんのボールペン習字講座が堂々の第1位です。

僕自身も日ペンを実践してみて昔より確実に字を上達させることができたのでおすすめです!


\ 月額1900でゆるふわ美文字になれるのは日ペンだけ! /


本日は以上です!またね♪ペン字スクール!


価格。クレジットカード払いの有無。費用対効果。相談サービスの総合評価ランキング

1位日ペン2位ユーキャン3位たのまな
価格29,800円(税込)31,680円(税込)28,500円(税込)
クレジットカードの有無対応対応対応
費用対効果★★★★★★★★★★★★★
相談サービス★★★★★★★★★★★
公式サイト 公式サイトへ! ユーキャンの実用ボールペン字講座
公式サイトへ!
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる